日本語講師

【レッスン準備から完了まで】日本語講師としてのitalkiの使い方を現役講師が解説

2020年7月3日

アイキャッチ
italkiに日本語講師として登録したけど、使い方が分からない…
どうやってレッスンを始めればいいのかな?

この記事では、そんなお悩みを抱えている人に向けて、日本語講師としてのitalkiの使い方について解説しています。

私自身、未経験・資格なしの状態からスタートしてから、italkiのコミュニティ チューターとして150レッスン以上経験してきました。

italkiで日本語講師になってからレッスンを完了するまでの流れを詳しくご紹介します。

日本語講師としての登録方法については、こちらの記事からどうぞ。

アイキャッチ
【資格なしOK】italkiでオンラインの日本語講師になる方法!現役講師が解説

日本語を教えたいけど未経験でも大丈夫? おうちで好きな時間にできる仕事はある? 英語を使って仕事できないかな? この記事では、そんな疑問を持っている人に向けて、italkiに登録してオンラインで日本語 ...

続きを見る

レッスン準備~完了までの流れ

italkiで日本語講師になったら、レッスンの本格的な準備に入ります。

ここでは、レッスンを始めるための準備からレッスンが完了するまでの流れを説明します。

ポイント

  1. スケジュールを登録
  2. レッスンの内容と価格を設定
  3. 生徒からのレッスンリクエストを承諾
  4. 生徒に連絡
  5. レッスン実施
  6. 生徒にフィードバックを送信

ステップ1:スケジュールを登録

まずは、登録完了メールに記載されたURLをクリックし、講師用のページを開きましょう。

画面の上にある、「講師設定」をクリックします。

講師設定

画面左側にある「レッスンとレッスン可能日時」をクリックして開きます。

レッスンとレッスン可能日時

出てきた「講師カレンダー」を開いてください。

講師カレンダー

レッスンを実施できる日付をクリックします。

講師カレンダー

レッスンを実施できる時間帯を選択します。「新しいタイムスロットを追加」を押せば、別の時間帯を追加できます。

予約可能時間の編集

すべての〇曜日に適用」を押すと、今回設定した時間帯が指定した曜日に自動でセットされます。

指定した日にちにのみ時間帯を適用したい場合は、「〇月〇日にのみ適用」をクリックすればOKです。

実際に働ける時間数よりも長めに設定しておくと、より生徒さんが予約しやすくなります。

ちなみに、googleカレンダーやApple iCalに予定を自動で登録できるように設定する方法もあります。

画面の上にある、「カレンダー」をクリックします。

ICalendar Feed を入手」をクリックします。

COPY」をクリックして、googleカレンダーやApple iCalにインポートすればOKです。

iCalendar Feed を入手

カレンダーへの反映までに時間がかかる場合があるため、ご注意ください。

ステップ2:レッスンの内容と価格を設定

スケジュールが登録出来たら、そのままレッスンの設定に移りましょう。

画面の上にある、「講師設定」をクリックします。

講師設定

画面左側にある「レッスンとレッスン可能日時」をクリックして、「レッスン管理」を開きます。

レッスンとレッスン可能日時

 

まず、トライアルレッスン(30分間の体験レッスン)を登録します。

トライアルレッスンにある鉛筆マークをクリックしてください。

レッスンの説明と料金を入力して「送信ボタン」を押せばOKです!

トライアルレッスンの編集

レッスンの料金は、以下の平均価格を参考にするとよいと思います。

メモ

トライアルレッスン:$1~4(米ドル/30分)

通常のレッスンよりも低めに設定しておくと、生徒さんが集まりやすいです。

続けて、通常のレッスンを設定しましょう。

トライアルレッスンの上の段にある「レッスンを作成する」をクリックします。

以下の項目を設定します。

ポイント

  • タイトル
  • 説明
  • 教えている言語
  • 生徒の言語レベル
  • カテゴリー
  • 料金

料金は、まず60分のレッスン料金を設定します。

その後、必要に応じて、30分・45分・90分のレッスン料金を設定してください。

複数レッスン分を一度に購入できるパッケージをつくることもできます。

お得な割引パッケージをつくれば、リピーターの獲得につながるでしょう。

ただし、最初は続けられるか不安な人も多いと思うので、パッケージをつくるのは慣れてきてからでOKです。

レッスンの設定が完了したら、あとは生徒さんが予約してくれるのを待ちましょう。

1週間くらい待っても予約が入らない場合は、レッスン料金を下げたり、レッスン可能時間帯を広げたりしてみてください。

私も最初は本当に生徒さんが予約してくれるか不安でしたが、登録してから数日後にレッスンを予約してもらえました。

ステップ3:生徒からのレッスンリクエストを承諾

生徒からレッスンリクエストが届くと、講師のページに生徒の名前やレッスンの日時が表示されます。

特に問題ない場合は「承諾」を押して、レッスン予約を確定させましょう。

レッスンリクエスト

場合によっては、事前に講師連絡フォームから生徒さんのメッセージが届くこともあります。

生徒さんからメッセージが届いたら、必ず返信するようにしましょう。

ステップ4:生徒に連絡

レッスンの予約が確定したら、生徒さんにお礼のメッセージを送っておくとお互いに安心です。

Skypeでレッスンする場合は、事前に生徒のアカウントを検索して、連絡しておきましょう。

レッスンリクエストを承諾すると、予定されているレッスン一覧・レッスンの詳細ページに生徒のSkypeアカウントが表示されます。

予定されているレッスン

レッスン詳細

 

ステップ5:レッスン実施

いよいよ、レッスンを実施します。

Skypeの場合は、レッスン時間になったら生徒にビデオ電話をかけましょう。

italki Classroomというitalki独自のプラットフォームでのレッスンを希望する生徒さんもいます。

その場合は、レッスン時間の少し前にitalki Classroomに入って待機しておきましょう。初めて使用する場合は、使い方の簡単な説明が始まります。

italki Classroomに入ると、時間になったら自動的にレッスンが始まります。

ステップ6:生徒にフィードバックを送信

レッスンが完了したら、生徒にフィードバックを書いて送ります。

生徒がレッスンの完了を確認したら、italkiからメールが届きます。

メールのリンクをクリックすると、フィードバックページが開きます。

レッスン完了

内容は自由に書いてOKですが、生徒が上手に話せていたことや、改善の余地がある部分などについて書くと良いかと思います。

全体的にポジティブなコメントを心がけると、生徒のモチベーションアップにつながる気がします。

さっそくitalkiで日本語講師としてレッスンしてみよう!

日本語講師として初めてレッスンするときって、とっても不安ですよね。

私も手探り状態で始めたので、不安な気持ちがよく分かります。

この記事は、そんな不安をできるだけ取り除けるようにという気持ちで書きました。

これからitalkiで日本語講師としてレッスンを始める人にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

今なら、(レッスン受講に使える)italkiクレジットを下記リンクから初回購入すると、$10のitalkiクレジットがもらえます。この機会に、italkiで英会話レッスンなどを受けてみるのをおすすめします。

事前に生徒としてレッスンを受けて、システムの使い方やレッスンの流れを確認しておきましょう。

» アカウント登録してみる【italki公式サイト】

-日本語講師

© 2021 そらジャーナル