日本語講師

【資格なしOK】italkiでオンラインの日本語講師になる方法!現役講師が解説

2020年7月2日

アイキャッチ
日本語を教えたいけど未経験でも大丈夫?
おうちで好きな時間にできる仕事はある?
英語を使って仕事できないかな?

この記事では、そんな疑問を持っている人に向けて、italkiに登録してオンラインで日本語講師になる方法を解説しています。

私自身、未経験・資格なしの状態からスタートしてから、italkiのコミュニティ チューターとして150レッスン以上経験してきました。

italkiで日本語講師になるまでの流れを詳しくご紹介します。

【未経験OK】italkiに登録して日本語講師になろう

italki

italkiに登録すると、日本語講師として応募することができます。

そもそもitalkiって何?

italki(アイトーキ)とは、オンラインで世界中の先生から様々な言語のレッスンが受けられるサイトです。

英語だけではなく、日本語、中国語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、幅広い言語のレッスンに対応しています。

日本の一般的な英会話サービスと大きく異なるのは、好きな金額分のクレジットを購入し、レッスン完了後に先生へ料金を支払うという仕組みです。

月額いくらという料金設定ではないので、レッスン料金を無駄にする心配がありません。

資格なしでも日本語講師になれる

italkiの講師には、以下の2種類のタイプがあります。

ポイント

  • プロの講師
  • コミュニティ チューター

日本語講師としての実務経験や資格がある方は、プロの講師として活躍できます。

日本語を教えた経験や関連する資格がなくても、日本語ネイティブであれば、コミュニティ チューターとしてレッスンができます。

どちらの場合でも、italkiについて知るために、自分が勉強している言語のレッスンを受けてみるといいでしょう。生徒の立場になることで、良いレッスンとはどんな感じかイメージできると思います。

italkiで生徒としてアカウント登録をすると、講師に応募する時に同じアカウントが使えます。

今なら、(レッスン受講に使える)italkiクレジットを下記リンクから初回購入すると、$10のitalkiクレジットがもらえます。

このキャンペーンが終了する前に、italkiで英会話レッスンなどを受けてみるのをおすすめします。

» アカウント登録してみる【italki公式サイト】

レッスン料金は自分で設定できる

通常のレッスン料金は、1レッスンあたり$4~80(米ドル)(プロの講師は$8~)の範囲であれば、自由に設定できます。

レッスン料金はいつでも変更可能です。最初は低めに設定して、生徒さんからの良いレビューが集まってきて自信がついてから徐々に値上げすることもできますよ。

ちなみに、italkiによると講師の平均的なレッスン料はこのくらいだそうです。

  • プロの講師:$17~21(米ドル/60分)
  • コミュニティ チューター:$10~14(米ドル/60分)

実際には、この価格からitalkiの手数料15%を引かれた分が講師の手元に入ります。

私は、コミュニティ チューターの平均的な時給を参考に、60分$10(米ドル)から始めました。

好きな時間帯にオンラインでレッスンができる(副業にもオススメ)

レッスンスケジュールは、自分の都合に合わせてレッスン可能な時間帯を登録し、その中から生徒さんが好きな時間を選んで予約してくれます。

30分単位で自由にスケジュールを設定できるのが便利です。

スキマ時間を活かしてオンラインで稼ぎたいという人もぜひ挑戦してみてください。副業にもおすすめですよ。

英語力を活かせる

italkiで日本語レッスンを受ける生徒は、日本語の勉強を始めたばかりという初心者や、日本語が流暢な上級者までさまざま。

日本語でのコミュニケーションが難しい場面では、英語を使ってレッスンを進めることもできます。

私の経験では、英語と日本語の両方でプロフィールを記載していたということもあり、ほとんど英語しか話さない初心者の生徒さんもレッスンを予約してくれました。

ただし、あくまでも日本語のレッスンなので、日本語での意思疎通がどうしても難しい場合にのみ英語を使うのが良いかと思います。

メモ

英語を使わず日本語のみでレッスンしたいという人は、プロフィールに「日本語のみで教えます」という説明を書くと安心です。

italkiに日本語講師として登録する前の準備

italkiで日本語講師として登録する前に準備すべきことは、主に5あります。

ポイント

  1. italkiアカウントを作成
  2. 講師のタイプを選択
  3. 自己紹介ビデオを撮影
  4. プロフィール写真を用意
  5. Skypeアカウントを登録

事前準備1:italkiアカウントを作成

まずは、italkiのアカウントを作成します。

» アカウント登録してみる【italki公式サイト】

今なら、(レッスン受講に使える)italkiクレジットを下記リンクから初回購入すると、$10のitalkiクレジットがもらえます。

このキャンペーンが終了する前に、italkiで英会話レッスンなどを受けてみるのをおすすめします。

登録したメールアドレスに届いたメッセージを確認し、アカウントの作成を完了しましょう。

事前準備2:講師のタイプを選択

italkiで登録できる講師のタイプを、以下の2種類から選びましょう。

メモ

  1. プロの講師(言語を教える資格や経験がある人)
  2. コミュニティ チューター(資格や経験がなくてもOK)
18歳以上のネイティブ スピーカー(ネイティブレベルに近い人も含む)であれば、上記2タイプのどちらかの講師として応募することができますよ!

事前準備3:プロフィール写真を用意

講師としてのプロフィール写真を用意しましょう。

写真の条件は以下のとおりです。

アップロード条件

  • 500 x 500 ピクセル以上
  • JPG、PNG、BMPのどれか
  • 2MB以下

撮影条件

  • 他人が写っていない
  • 距離感が近すぎず遠すぎない
  • 目と顔全体がしっかり写っている
  • 適度な明るさで鮮明に写っている
  • 好印象な表情

事前準備4:自己紹介ビデオを撮影

このステップがとっても重要です。

このビデオが原因で、一発で審査に合格できない場合があります(私がそうでした…)。

まずは、ビデオ撮影の基本的な条件を確認しましょう。

ポイント

  • 本人がビデオに登場する
  • 1~3分間におさめる
  • italkiに登録したすべての言語(ネイティブもしくはC2レベル)で話す
  • カメラを横向きにして撮影する
  • 明るい場所で撮影する
  • 静かな場所で、はっきりした声で撮影する
  • 500 MB以下のサイズにおさめる

注意

  • 個人情報を公開しない
  • 他のサービスの宣伝をしない
  • 著作権で保護された音楽やメディアを使用しない
次に、ビデオの中で話すべき内容について確認しましょう。以下の内容を含めてくださいね。

ビデオの内容

  • 自己紹介
  • レッスン内容についての説明
  • 個性をアピール(笑顔で、趣味などについて話す)

私の場合、この自己紹介ビデオが原因で一度申請が却下されました…

一度目の申請では、パソコンについているカメラで撮影しましたが、italkiから送られてきたメールによると、ビデオの画質や音質が悪かったようです。

スマホでビデオを撮り直し、再度申請したら無事に承認されました。

事前準備5:Skypeアカウントを登録

私の経験上、italkiのレッスンでは、Skypeを使用することがほとんどです。

既にSkypeのアカウントを持っている場合でも、プライベートなど他の用途と区別できるように、新たに別のアカウントを登録することをおすすめします。

Skypeアカウントに表示される名前は、italkiで講師のプロフィールに表示する名前と同じにすると、生徒にとって分かりやすくなりますよ。

応募~登録完了までの流れ

事前準備が終わったら、italkiの講師に応募しましょう。

文字の入力やファイルのアップロードをする必要があるので、パソコンを使うのがおすすめです。

ポイント

  1. italkiにログインし、講師のタイプを選択
  2. 個人情報を入力
  3. 講師プロフィールを入力
  4. 講師向け利用規約を確認
  5. 審査結果を確認
  6. ビデオを見てクイズに解答
  7. オンラインミーティングに参加
  8. 登録完了メールを受信

ステップ1:italkiにログインし、講師のタイプを選択

ログイン後、画面の一番下にある「講師になる」をクリックします。

講師になる

「応募を開始する」をクリックします。

開始する前に

italkiにどんな講師のタイプで登録したいか選択します。

  1. プロの講師(言語を教える資格や経験がある人)
  2. コミュニティ チューター(資格や経験がなくてもOK)

講師のタイプ

未経験・資格なしの人は、上の画像のようにコミュニティ チューターを選べばOKです。

講師のタイプを選択したら、「保存して続行」を押して先に進みます。

ステップ2:個人情報を入力

2.1 基本情報

基本情報

基本情報では、以下の情報を入力します。
  • 表示される名前(講師プロフィールに表示したい名前)
  • 使用を希望するIMチャット(Skypeがおすすめ)
  • 出身地
  • 居住地

2.2 非公開

非公開情報

非公開(情報)では、以下の情報を入力します。
  • 姓名
  • 生年月日
  • 性別
  • 番地(住所)

2.3 言語スキル

言語スキル

自分が使用できる言語とレベルを選択します。

ここでは、日本語・ネイティブで登録する場合が多いかと思います。

英語などを少しでも学習している人は、言語の種類とレベルを追加しておくと、その言語を話す生徒さんが集まりやすくなるかもしれませんね。

2.4 講師プロフィールの写真

講師プロフィールの写真

事前準備3で用意したプロフィール写真をアップロードしましょう。

写真の条件を満たしていることを再度チェックしておくと安心です。

ステップ2が完了したら、画面右下の「保存して続行」を押して先に進みます。

ステップ3:講師プロフィールを入力

ここでは、講師のプロフィールページに掲載する文章を入力します。

日本語以外にも英語などの使える言語があれば、他の言語でも説明文を書いてみると生徒さんの幅が広がります。

プロフィールは後からでも変更OKなので、あまり深く悩み過ぎずに書いてみましょう。

3.1 教える言語

教える言語

母国語またはC2 レベル以上として登録済みの言語が表示されるので、教えたい言語を選びます。

3.2 紹介動画

紹介動画

事前準備4で準備した自己紹介動画をアップロードします。

アップできるファイルのサイズは最大で500 MBなのでご注意ください。

3.3 講師の紹介

講師の紹介

講師の紹介では、以下の情報を入力します。
  • 私について
  • 講師としての私
  • レッスンおよび授業スタイル
  • 私の教材 (任意)
私について

ここでは、自己紹介文を書きましょう。

自分の経歴や趣味など、生徒さんとの共通点が見出せそうな経験があればぜひ紹介してみてください。

講師としての私

ここでは、自分がどんな日本語講師なのかについて説明します。

例えば、ランゲージエクスチェンジやボランティアで日本語を教えた経験などがあれば、良いアピールになると思います。

どんな風に教えられるのか説明(わかりやすく、優しくなど)するだけでも、講師としてのイメージが生徒さんに伝わりますよ!

レッスンおよび授業スタイル

ここでは、レッスンの内容や進め方について説明します。

カジュアルな会話中心なのか、敬語などのビジネス会話もOKなのか、自分が提供できると思うレッスン内容を書いてみましょう。

教材なしでもOKなのか、教材を使って進めていくのかといったポイントもあれば記載しておくと良いかと思います。

私の教材 (任意)

ここでは、PDF ファイルや記事やニュース、宿題、課題などの選択肢があります。

自分のレッスンで使いたいものがあればチェックをつけておくと良いでしょう。

ステップ3が完了したら、画面右下の「保存して続行」を押して先に進みます。

ステップ4:講師向け利用規約を確認

講師向け利用規約

講師向け利用規約を確認し、同意できたらサインします。

画面右下の「保存して続行」を押せば、応募は完了です。

ステップ5:審査結果を確認

審査が完了すると、italkiから結果のメールが送られてきます。

italkiによると、応募してから20営業日以内に結果が通知されるということです。

もし申請が却下された場合は、メールに記載された却下理由を参考に再度申請すればOKです。

私の場合は、応募→却下のメールが届く→しばらくして動画を撮り直す→再申請→承認まで1週間くらいだったので、特に問題がなければ1週間以内に承認されるのではないかと思います。

※注意:応募が集中している場合は、審査に時間がかかる可能性があります。

ステップ6:ビデオを見てクイズに解答

無事に審査で承認されたら、italkiからのメールに記載されたリンクをクリックして、講師としての心構えなどに関するビデオを必ず見ましょう。

2分前後の短いビデオが複数ありますが、トータルで30分くらいあれば見終わるかと思います。

すべてのビデオが見終わったら、講師としてのハンドブックをダウンロードして読みます(日本語バージョンあり)。

ハンドブックにも目を通したら、これまでにitalkiについて学んだ内容に関する簡単なクイズに答えます。間違えてもやり直せます。

クイズに全問正解したら、italkiのスタッフとのオンラインミーティングに参加する日程を予約します。

ステップ7:オンラインミーティングに参加

オンラインミーティングの当日は、事前にitalkiからのメールに記載されたURLをクリックしてミーティングに参加します。

オンラインミーティングは、4種類の言語(英語、スぺイン語、北京語、ロシア語)で実施されていました。

残念ながら、現時点で日本語には対応していないため、ほとんどの人が英語を選択することになるかと思います。

オンラインミーティングでは、italkiの講師として働くうえでの注意点などについてスタッフから説明があります。時間は約45分間です。

私は英語のミーティングに参加しましたが、参加者は全部で10人前後だったと思います。

特に質問がなければ英語を話す必要はないので、英語が苦手という方も心配しなくてOKです

「万が一ミーティング中に分からないことがあっても、後で事務局にメールで質問してください(翻訳ツールで内容を理解するので日本語でもOK)」と言っていたので、緊張せずに気軽に参加してみてください。

私はてっきり一対一の英語面接だと思っていたので、「受からなかったらどうしよう…」と、かなり心臓がバクバクしていました。

ミーティングの最後に、ミーティングルールのチャットボックスにitalki用のメールアドレスを各自書いて送信するように言われました。

あらかじめitalkiに登録したメールアドレスをすぐにコピペできるように、準備しておくと良いでしょう。

ステップ8:登録完了メールを受信

オンラインミーティングが完了したら、italkiから登録完了メールが送られてきます。

私の場合は、ミーティングが終わって数時間後にメールを受信しました。

メールに記載された講師用のURLをクリックし、レッスンの準備に移りましょう。

日本語をitalkiで教えて世界中の生徒とつながろう!

italkiでは、未経験でも日本語の講師になることができます。

自宅で好きな時間に働けるのは素敵なことですよね。

italkiを使ったことがない人は、italkiのアカウントを作るところからのスタートです。

今なら、(レッスン受講に使える)italkiクレジットを下記リンクから初回購入すると、$10のitalkiクレジットがもらえます。

審査結果を待っている間、事前に生徒としてレッスンを受けて、システムの使い方やレッスンの流れを確認しておきましょう。

» アカウント登録してみる【italki公式サイト】

 

-日本語講師

© 2021 そらジャーナル